ナラタージュロケ地①中伏木駅(万葉線レトロ電車)写真動画あり

      2017/11/21

こんにちは!

嵐の松本潤さん、有村架純さんが主演の映画「ナラタージュ」。

富山県内でたくさんのロケが行われました!

そのロケ地に行ってきました!

今回は、中伏木駅&レトロ電車(万葉線)編です。

写真、動画でいろいろ紹介していますので、行った気分を味わうのも良し、行くための予習に使っても良し!

ぜひ、ご覧下さい!

 

 

映画「ナラタージュ」について知りたい方はこちらをどうぞ!

参考:映画ナラタージュ予告特報動画!松本(嵐)・有村架純・監督の思い!

 

実はこの映画、自分、エキストラ出演しました!

エキストラって誰でも参加できるの?実際に役者に会えるの?等をまとめたこちらの記事もどうぞ!

参考:「ナラタージュ」エキストラ出演!松本潤・有村架純に会える?

 

スポンサードリンク

 

中伏木駅に行ってきた!

映画予告にも出ていた「中伏木駅」

「ナラタージュ」予告編(1分30秒)がこちら!

「ナラタージュ」予告編

54秒で出て来る路面電車(万葉線:レトロ電車)を待つ有村架純さんのシーンが撮られたのが中伏木駅です。

その部分がこちら!

(出典:https://www.youtube.com/watch?v=ELlP-77s2eE)

 

左にある駅舎の看板には「中伏木」とあります。

 

【写真・動画あり】中伏木駅行ってきました!

万葉線レトロ電車【中伏木駅】(ナラタージュ)

有村架純(工藤泉)さんは、左側の高岡駅行きの乗り場に立っていたようです。

映画では「高岡駅(行き)」になっていましたが、本動画では「越ノ潟(行き)」となっています。

万葉線が入って来る方向的に「越ノ潟」が正しいです。

映画用に「越ノ潟」→「高岡駅」に変更していたようです。

映画と全く同じ画を撮ることはできませんが、そういうのも面白いところ!

 

スポンサードリンク

ロケ地巡りスタンプラリー開催中

スマートフォンでQRコードを読み取って行う、電子スタンプラリー。

ハイテクな世の中ですね!

スタンプを集めると記念品も先着でもらえるみたいです!

 

 

レトロ電車(万葉線)に乗りました!

【映画公開初日】レトロ電車乗車!記念コースターGET!

 

 

レトロ車両の中づり広告はナラタージュ祭り状態!!

ズラッと掲載されています。

左側がロケ地等の観光情報!

右側が映画のワンシーン!

そして、降車の際に車掌さんから、記念コースターGETしました!

コースターを配るということでこの日は運転手+車掌さんの2人体制でした。

いつもは運転手1人のみです。

公開初日のみと思っていましたが、しばらくこのレトロ電車の中づり広告はナラタージュ仕様のようです!

 

車内のポスター等を撮影!!

車内のポスター等を撮影したものを紹介します。

(車内と外の明かりの関係で見づらくなっていますが悪しからず…)

 

ポスターと一緒に富山県ロケ地マップ置いてありました!

    

 

スポンサードリンク

 

まだまだあります!

 

 

まだ間に合います!!

映画のワンシーンを思い出しちゃいます!

 

中伏木駅への行き方、レトロ電車の乗り方

中伏木駅への行き方!【電車で高岡駅へ】

万葉線は、高岡駅から越ノ潟(射水市)を結ぶ路面電車です。

電車で行く方は、高岡駅を目指して下さい!

 

【万葉線乗り場への行き方】

高岡駅のホーム(改札口)は2階です。

正面にある観光案内所の左手にある、エスカレーターを降りて左手前に進むと万葉線のホームです!

直結なのが便利です!

 

スポンサードリンク

中伏木駅の場所は?


中伏木駅の前は少し広くなっているので、迷惑にならない程度であれば車を少し停めてもいいと思います。

駐車場というわけではないので、マナー違反にならないよう注意しましょう。

 

レトロ電車の乗り方

万葉線の車両は、レトロ電車の他にもドラえもんトラム、アイトラムなどいろんな種類があります!

レトロ電車、ドラえもんトラムの時刻表はHPに掲載されていますので、事前にチェックを!

点検で運休しているときもあるので注意してください!

参考:万葉線㈱HP

 

高岡駅から中伏木駅までは万葉線で32分。

運賃は300円です。

万葉線は後払い方式。

まず、乗った時に整理券を取りしょう。

そして降りるときは、降車ボタンを押しましょう。

整理券と運賃を一緒に出して降車します。

 

【※ネタバレ注意】松本潤(葉山先生)が見送った場所!

有村架純(工藤泉)が泣いていたシーン

映画を見た人にしか分からない情報です。

泉は万葉線(レトロ電車)に乗って、帰ります。

すると、その電車が葉山先生の前を横切るではないですか!

先生の姿を見て涙をこぼしてしまう泉。

この泣いているシーンは予告編でも出てきます。

 

中伏木駅近くに葉山先生が泉を見送った場所、発見!

その場所は、中伏木駅の近くにあります!

万葉線が県道350号線と交差しているところあたりです。

松本潤(葉山先生)が立っていたであろうあたりから撮ってみました。

まとめ

映画「ナラタージュ」をきっかけに万葉線に乗る人が増えたらいいなと思っています!

ロケ地巡りに最適な万葉線。

レトロ電車はインスタ映えすると思いますし、路面電車からの眺めは日常ではなかなか味わえないものがあります。

映画ファンの方、ぜひお越しください!!

 

アイキャッチ画像は、西新湊駅で撮った写真です。

映画「ナラタージュ」ポスターとレトロ電車のコラボ!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサードリンク

 - ナラタージュ, 富山, 日記, 映画, 観光